ツアーナースの求人はこちらから!

ツアーナースは資格が何か必要な仕事なの?

ツアーナースは資格としては看護師以外は特に必要ではありません。ただ、ツアーナースを行う資格として、経験やスキルなどが必要になる部分もあります。どういった経験を積んでおくと有利なのかを説明します。

ツアーナースの資格は看護師だけだけど…

ツアーナースの資格は看護師だけです。その他にツアーナースとして仕事を行うにあたって必要な資格などは存在しません。

ただ、その中でもどういった経験をしておくと良い、といったツアーナースとして働く資格的なものはあります。

どういったことが要求されるのでしょうか?

年代を超えたコミュニケーション能力

よくお年寄りは得意、子供は得意、同年代は得意など、自分にとってコミュニケーションが取りやすい年代を挙げる方がいますが、ツアーナースを希望する際には、どの年代も問題なく対応できると、仕事が多くなります。

というのも、お年寄りの旅行に添乗するケースもあれば、子供の修学旅行などに添乗するケースもあります。

どちらかは可能でどちらかは不可、というのは、登録制求人サイトからの求人依頼を減らしてしまう危険性があります。

臨床経験として3年以上

看護師としての臨床経験が3年以上は、最低でもないと難しいです。

何もなければ問題ないですが、何かあった時の咄嗟の判断ができなければ、看護師がいる意味がありません。

こういったことから、看護師としての経験が最低3年、できれば5年以上あることが望まれます。

そして、ママさんナースでも構いませんが、ブランクが数年ある場合は難しくなります。

やはり、ブランクがある中で、看護師としての感覚や判断力が鈍ってしまうことが多く、咄嗟の状況の時の対応に遅れが生じるのではないかと思われるためです。

もちろん、救急外来で10年くらい勤務をしていて、ブランク2年という感じであれば、全く問題はないでしょう。

こういった部分は登録制求人サイトに確認すると良いですね。

経験科目なども大切

基本的には応急措置を行うことがメインですが、危険が迫った時などに、咄嗟の判断で指示を出すケースもあります。

こういったことに慣れている職場というと、救急外来や外科系の病棟になってきます。内科系の病棟や療養型病棟などは、経験としては向かないかもしれません。

もちろん、性格的な部分もありますので、相談してみると良いですが、経験によって求人に応募できないケースもあることを知っておくことが大切です。

応募者が多いことも影響していますね。

ツアーナースの資格としてあると良いもの

ツアーナースは資格は特に必要ありませんが、あると採用されやすくなる資格があります。一部紹介します。

保健師

これはイメージしやすいですよね。保健師の資格を取得していると、ツアーナースとしての活動の幅が広がります。

特にこの仕事がというわけではないのですが、保健師だと更に安心、と考えているケースもあり、保健師であると採用に際して有利になることがあります。

あくまで担当者や採用側のイメージの問題ですので、特に出来る仕事が多くなるというわけではありません。

救急救命士

これも特に必須というわけではありませんが、あると採用側が安心する資格です。何かあった時に咄嗟の判断ができる証明書のようなものです。

救急救命士の資格保有者を探していることは少ないですが、ツアーナースの仕事を探している際に、この資格を持っていると、少し印象が良くなり、採用に近づくかもしれません。

活かせる資格を取得していないかどうかは登録制求人サイトにチェック

自分自身が取得している資格の中で、持っていると印象が良くなる資格があるかもしれません。

しかし、自分ではなかなか気づかないものです。例えば、TOEICの点数なども活かせるかもしれません。外国人と接する機会が多いツアーの場合ですと、十分にありえるのです。

こういったことは自分では判断できないため、まずは登録制求人サイトに全て伝え、どういった資格がどの仕事で役立つかを考えてもらうと良いですね。

もしかすると、ツアーナースで仕事をするにあたっての掘り出し物的な資格が見つかるかもしれませんよ。

このページの先頭へ