ツアーナースの求人はこちらから!

ツアーナースの服装はどんな格好なんだろう?

ツアーナースの服装は一体どういったものなのでしょうか?小さなことのようで、気になりますよね。病院やクリニックであればナース服ですし、施設であればジャージです。そんなツアーナースの服装についてざっくばらんに説明します。

ツアーナースの服装は動きやすいのが大前提

ツアーナースの服装は動きやすいのが大前提です。というのもツアーナースは、修学旅行やキャンプ、場合によっては登山など、アクティブな野外活動に同伴することが多いためです。

よって、私服で構わないわけですが、何でも良いというわけではありません。どういった服装が良いのかを説明します。

ジーンズやサンダルなどはNG

私服で構わないというと、例えばキャンプなどに同伴する時であれば、暑い季節の時が多いです。

そうなると、軽装ということで、サンダルやジーンズなどを着用するケースがあるかもしれません。

こういった服装は、仕事を行うにあたっては好ましくありませんので、着用しないようにしましょう。

特に気をつけるのがジーンズですね。

ついつい軽装と言われるとジーンズを履いてしまうという看護師もいると思いますが、仕事ではチノパンなどを履くようにしましょう。

カバンよりもリュックが良いかも

ツアーナースは野外というケースが多いので、リュックに荷物を入れる方が良いです。基本的には両手が空いている状態になるようにしておきましょう。

また、救急箱を持参するケースもあるため、そういったものが入るように大きめのリュックを用意する必要があるかもしれません。

このあたりはツアーによって違いが出るため、都度、お仕事を斡旋してくれている登録制求人サイトに確認するようにしましょう。

その他気をつける点

どういった服装にするかも大切ですが、その服装の柄や色なども重要になってきます。基本的なイメージとして、学校の先生のような感じがベストですね。

清楚でカジュアルな服装をしておくと無難です。もし、服装で迷うことがあった時には、登録制求人サイトの担当者に聞くと良いでしょう。

どういった服装が良いか具体的なものを教えてくれます。

自分で考えてもいいですが、例えば着ていこうと思っている服を見てもらい、その服装で大丈夫かどうかをチェックしてもらうこともできます。

登録制求人サイトを有効に活用するようにしましょう。

ツアーナース 服装で評価が決まる?

ツアーナースは服装で評価が決まるといっても過言ではありません。というのも、ツアーナースで急変時の対応などによって評価を上げるというケースがあまり多くないためです。

仕事で評価を上げようと思っても、ツアーナースは評価される仕事自体が頻繁に起こるものではないのです。

服装や言葉遣いで評価

ツアーナースのお仕事は、単発的なものが多いですが、全く別々になっているというわけではありません。

同じ企業からの別のツアーのお仕事がくるケースが多いのです。

その時に、「前の看護師でお願いします」となれば、無条件にお仕事が入ってきます。そのためには服装と言葉遣いなどが大切なのです。

ツアーナースは人柄重視の側面がある

ツアーナースは人柄を重視する傾向があります。特に旅行代理店などでは、看護師といえどもサービス業の意識がないと旅行代理店の評価を下げてしまう可能性があるのです。

よって、ツアーナースは看護師である前に、ツアー運営スタッフの一員である意識を持っておくことが大切ですね。

その中の1つに服装があります。ツアー運営スタッフの一員という意識があると、自然と服装も変わってきます。

自分に課せられている役割はどういったものなのかを考え、それに合わせた服装をすることが大切です。

服装を意識すると仕事が増える

上記のようなことから、服装がしっかりとしていると、旅行代理店などはまた仕事をお願いしたいとなります。

安心感があるのが旅行代理店にとっては大変なメリットになるのです。

看護師は狭い世界で生きているため、世間一般とは少し違った感覚になりがちです。例えば、病院の面接に友人と遊びに行くような格好で行く人もいるくらいです。

業界的にスーツでびしっと決めなくてはいけないことはありませんが、服装がもたらす安心感があることを覚えておくと良いですね。

このページの先頭へ