ツアーナースの求人はこちらから!

ツアーナースの給料はどれくらいになるの?

ツアーナースの給料は時給でどれくらいになるのか、1日いくらになるのか?そして月給としてどれくらいになるのか気になりますよね。正社員としての求人が少ないため、イメージしにくいものがあると思います。いくつかのパターンを紹介します。

ツアーナースの給料を様々なケース別で紹介

ツアーナースの給料はどれくらいになるか気になりますよね。特に月給が気になる看護師は多いのではないでしょうか?

月給が分からないと、働き方を決定できませんよね。いろいろなパターンを紹介します。

イベント関係メインの場合

ツアーナースの中でも、イベントをメインとしている場合は、日給いくらというケースが多いです。

よって、日給いくらの仕事を月に何回するかによって月給が決まってきます。

イベントの日給ですが、イベントによって大きく違いがありますが、1日拘束で15,000円前後が相場と言えます。

これが遠方となって通勤時間も含めた拘束時間が15時間程度になってくると、20,000円くらいになることもあります。

仕事内容によって金額が異なるというよりは、拘束時間がどれくらいになるかによって違うと認識しておくと良いでしょう。

ちなみに2時間拘束などのイベントもありますが、これでも5,000円程度になることが多いです。最低保証金額ということですね。

よって、半日からまるまる1日まで時間に違いはありますが、5,000円から20,000円の間ですね。

そして肝心な回数ですが、これはなんとも言えません。ただ、イベントごとに季節がありますので、その季節によって予想することはできます。

例えば、サッカーの試合などであれば冬が多いです。実際は月に数回で扶養範囲内程度の収入になります。

もし、月に20万はということであれば、他のアルバイトと組み合わせると良いでしょう。多いのは病院の夜勤バイトとの組み合わせですね。

旅行添乗員としての仕事の場合

旅行に同伴するツアーナースは、どれだけの日数を拘束されるかによって金額が変わってきます。ただ、24時間拘束となることを考えると、時給は安く感じるかもしれませんね。

例えば2泊3日であれば、3万円前後くらいが多くなっています。

こうやって考えていくと、旅行メインのツアーナースは、給与の面ではあまり多くなりません。1日1万円であれば、20日フルに仕事をしても20万です。

実際はもっと少なくなります。そして旅行をメインで考えると、掛け持ちがしにくいのもあります。旅行1回で数日間拘束されてしまいますので。

正社員で仕事をする場合

ツアーナースの正社員の求人はほとんどありませんが、希に旅行会社等で出ていることがあります。

給与面では看護師としては安めになりますが、年収300万台にはなりますので、生活はなんとかできます。

ただ、ツアーナースの正社員というのは、旅行代理店に採用されることになりますので、病院とは違い接遇マナーなど大きな違いがあります。

慣れるまでが大変かもしれませんね。一般企業での就労経験がある看護師などには向いていると言えるでしょう。

ツアーナース 給料度外視の方が多い?

ツアーナースの給料は正社員としての勤務自体が少ないため、どうしても安くなります。

ツアーナースだけで月に20万稼ぐのは至難の業です。そもそもツアーナースはどんな感覚なのでしょうか?

給料が気にならない主婦

例えば扶養範囲内での仕事を希望している主婦は、月に数回のイベントなどのお仕事で問題ありません。

宿泊を伴ったものは難しいですが、逆に短時間のイベントの付き添いなどは人気が高いですね。

ツアーナースの経験を積みたい

ツアーナースとしての経験を積みたいという気持ちだけで、希望している看護師もいます。

こういった看護師は、給料として足りない部分は他のアルバイトと掛け持ちをして補うことがほとんどです。

よって、ツアーナースとしての給料は多くなくても大丈夫なのです。

登録制求人サイトを複数掛け持ち

ツアーナースとして働く際に1箇所の登録制求人サイトだけでは思うように仕事が入ってこないことがあります。

そういった時には、その登録制求人サイトにないものを求めても仕方ありませんので、他との掛け持ちをしていきます。

軸となるところは1つ決めた上で、お仕事の量が求める給料に達するまで登録します。

このページの先頭へ