ツアーナースの求人はこちらから!

ツアーナースの仕事内容ってどんなことがあるの?

ツアーナースの仕事内容は簡単なように見えて、結構大変なものが多いです。看護師としてのスキルや知識だけでなく、臨機応変な対応や咄嗟の対応なども必要なケースがあります。イベントを成功させるための健康管理や安全管理が大切なのです。

ツアーナースの仕事内容は案外難しい?

ツアーナースの仕事内容は、簡単な、もしくは楽なイメージがあるかもしれません。しかし、実際にはツアーナースのお仕事は楽なものではありません。

ツアーナースは、旅行やイベント、野外活動に同伴する仕事ですが、まずは打ち合わせがあります。そこで、求められている役割、仕事内容を把握します。

そして、健康管理や持病などがある方の対応、そして安全管理なども行います。

何もなければ、仕事内容としては実務が少なくなりますが、体調不良や怪我などが発生すると、応急処置や救急車の手配なども行っていく必要があります。

よって、できるだけ救急対応の経験などがある看護師が望ましいですね。

他にも、病院での患者様とのコミュニケーションとはまた違ったコミュニケーション能力が必要になってきます。

どういったものかというと、ガイド的な役割を担うこともあるのです。

例えば旅行のツアーナースのお仕事であった時に、現地集合のケースがあります。これはなぜかというと、現地の案内役も兼ねているためです。

現地に詳しい看護師に、緊急時の対応とガイド役の両方を担ってもらおうと考えているのです。

実際には、ツアーナースの看護業務自体は少ないため、ガイド役も兼ねてというのは多いです。

となると、看護師とは全く違った業務になってきますので、案外大変だと感じるかもしれませんね。ガイド役が好きな方であれば問題ありませんが。

ツアーナースの仕事内容はあってないようなもの

ツアーナースの仕事内容は、最初に打ち合わせをすることが多いですが、あまり詳しいことはありません。

更に打ち合わせ通りいかないことも少なくありません。

実際にどういったことが起こるか分からないこともありますし、イベント自体がはっきりとしていないこともあるためです。

よって、ツアーナースのお仕事をするにあたって、臨機応変に対応できることは重要になってきます。

打ち合わせの話と違った時に、話と違うと文句を言ってしまうと、次から仕事がこなくなる可能性もあります。

もちろん、条件面で相違を黙っている必要はありませんが、仕事内容の点ではできるだけ状況に応じた対応をするように心がけましょう。

このツアーナースの仕事内容があってないようなものというのは、ある意味ツアーナースの面白さの1つです。

自分で状況判断をし、適切な行動をとっていくことができるためです。つまり、自分で自由に仕事ができるのです。

指示のもと仕事をする方が良いという看護師にとっては、難しいことかもしれませんが、仕事の量がそれ程多くないツアーナースでは仕方ない面があります。

この点を理解し、自分自身で楽しんでツアーナースの仕事ができる方が、ツアーナースに向いていると言えるでしょう。

ツアーナースの仕事内容は登録制求人サイトに確認

ツアーナースの仕事内容は、現場との打ち合わせもありますが、基本的には登録制求人サイトを利用してお仕事を案内してもらっていることが多いので、登録制求人サイトに確認することが大切です。

そして、仕事内容であやふやな点は、できるだけ明確にしておきましょう。

現場との打ち合わせでは、あまり細かいことを聞けないことも多いので。緊張しますし、印象を悪くしてしまうことがありますからね。

ツアーナースのお仕事は案外多くの種類があります。イベントや旅行の添乗、野外活動などあり、各々で活かせるスキルや性格などが変わってきます。

そういったことも、登録制求人サイトの担当者と話をしておきたいですね。

これはツアーナースに限ったことではありませんが、活かせるスキルがない仕事になると、どうしてもミスが増えますし、それが評価を下げることに繋がります。

どんな仕事でも受けるという姿勢は良いのですが、仕事内容が合わないときには話が別です。しっかりと、登録制求人サイトの担当者と打ち合わせをするようにしましょう。

このページの先頭へ