ツアーナースの求人はこちらから!

ツアーナースとイベントナースは違うの?

ツアーナースとイベントナースの違いというのはあるのでしょうか?言葉としては違いますので、当然違いはありますよね。ツアーナースというものがどういったものを指しているかを細かく見ていくと理解することができます。

ツアーナースとイベントナースって一体?

ツアーナースとイベントナース、言葉は似ているようで若干違いますよね。言葉が違うと当然ながら内容も違うわけですが、どういった違いがあるのでしょうか?

各々の特徴に焦点を当てて説明します。

ツアーナースは広い意味

ツアーナースというのは何かのイベントに同伴する、添乗するナース全般を指します。

つまり、旅行に引率する際も、サッカーなどのスポーツの試合で怪我などのために待機しているのも、講演会で気分が悪くなった人のための医務室で待機しているのも、全てツアーナースです。

つまり、ツアーナースとはどこかに出かけて必要な時に看護師としての業務や行動をする仕事と言えます。

ツアーナースは言葉の意味が広いため、ツアーナースの求人として掲載している場合は、いろんな求人があります。

何泊もするものから数時間の仕事まで様々です。よって、よく仕事内容を確認することが大切です。

イベントナースはイベント時の待機業務がほとんど

イベントナースはイベント時の待機業務がほとんどで、宿泊を伴ったツアーはないですね。なので、数時間だけ仕事をするケースが多いです。

ママさんナースなども仕事がしやすい環境です。ただ、今後高齢者のためのイベントも増えてきますので、イベント時に何か起こる可能性も高くなってきます。

何かあった時にはすぐに対応できる心構えは必要ですね。

イベントナースは、事故などが発生する可能性があるもの、例えば花火大会などですが、そういった時には外科の経験がある看護師が選ばれやすいです。

素早い状況判断で行動するケースが出てくるため、そういったことの経験値が多い外科系の看護師が採用されるのです。

イベントにこだわるかどうかで選択

旅行やイベントなど全てを含めた形で仕事を選択するのであれば、細かいことは気にせずに、ツアーナースという表記がある登録制求人サイトを活用すれば良いでしょう。

しかし、例えば1日の中で数時間だけ勤務するような、短い時間のイベントなどを希望する場合は、イベントの表記を探すと良いですね。

ツアーナース とイベントナース、どっちも魅力的だが…

ツアーナースもイベントナースも両方とも人気が高い仕事であり、魅力的なものです。

旅行に一緒についていくケースなどは、自分も旅行に行っているような気分を味わうことができます。短時間のイベントも効率的に稼げるアルバイトです。

ただ、向き不向きもありますし、生活環境によってできるできないがあるのも確かです。

安定収入が必要

これはツアーナースもイベントナースも両方で言えることですが、安定収入を考えると、難しい働き方です。

こういった仕事は季節性のものもありますし、希望者が殺到する中で仕事が減ってしまうこともあります。

また、登録している登録制求人サイトへの依頼が減ってしまった結果、看護師の仕事が少ないというのもあります。

できるだけ安定した収入を得ようと思うと、複数の登録制求人サイトを活用するか、1つ軸となる仕事、例えば施設や病院などの仕事をしながらツアーナースやイベントナースとして働くという手段もあります。

都合が合わせにくい

ツアーナースもイベントナースもですが、様々な場所で行うため、都合を合わせるのが難しい場合があります。

例えば、交通の便が悪い地域に住んでいると、勤務地まで行くのに相当な時間がかかることがあります。また、ツアーナースで宿泊を伴う時には、家庭がある時には家族の協力も必要です。

こういったことから、正社員やフルタイムで働いている看護師が、休日が合えば働きたいという感じで登録制求人サイトに登録しているケースが多く、実際には仕事をしたことがない看護師も多いのです。

登録制求人サイト選びが大切

どの登録制求人サイトを活用するかで、仕事ができるかが大きく変わってきます。

登録してすぐに仕事の依頼がない場合は、もともとツアーナースやイベントナースの求人が少ないことが予想されますので、別の登録制求人サイトにも登録するようにしましょう。

このページの先頭へ