ツアーナースの求人はこちらから!

ツアーナースは実際のところどうなんだろう?

ツアーナースは実際のところどうなんでしょうか?抽象的な幅広い言い方になってしまいますが、求人の数や取り扱っている登録制求人サイトのことなどざっくばらんにお伝えします。

ツアーナース 実際は希望者の方が求人より多い?

ツアーナースは実際問題として、どのような状況になっているのでしょうか?ツアーナースを希望する看護師がどのような看護師かも含めて説明していきます。

ツアーナースとして働いているのはほんの一部

ツアーナースとして働いているのは希望者のうちのほんの一部です。

というのも、まずツアーナースで働きたいけどどの登録制求人サイトに登録すればいいか分からない、という看護師が多いです。

その中で手当たり次第連絡をしてみる方と、分からないので行動ができていない看護師がいます。

行動を取る方がツアーナースの求人が多い登録制求人サイトにたどり着く気がすると思いますが、実際は、なかなか難しいものです。

というのも、登録制求人サイトは、1人でも多くの看護師に登録してもらいたいものです。

となると、ツアーナースの求人がなくても、はっきりとないと言わないところもあるのです。

あやふやな返事をしながら、別の求人を提案される、そういった経験はないでしょうか?その時がまさにこれです。

ツアーナースの求人があるかどうかの見分け方

ツアーナースの求人があるかどうかの見分け方は難しいですよね。

ホームページを見ると求人があったから登録したのに、実際にはもう募集が終了してしまったと言われてしまうことがあります。

対策としては、複数の案件を同時に提案してもらえる登録制求人サイトに登録するようにしましょう。

これで完璧とは言えませんが、求人が複数あるということは、ツアーナースの求人がちょくちょく入ってきていると考えられます。

1つだけだとたまたまかもしれませんからね。

ツアーナースにこだわらずにこだわる?

ツアーナースの仕事しかしません、となるとなかなか仕事がない状態になってしまいます。

よって、ツアーナースの求人を最優先に考えながらも、他の仕事も行うといったスタンスがベストです。これがこだわらずにこだわるですね。

ちなみにツアーナースの求人があれば案内してください、ではツアーナースの仕事はきません。

ツアーナースの仕事がしたいという熱意を登録制求人サイトに伝えた上で、どうしてもなければ他の仕事もしますというのが大切です。

ツアーナース 実際に仕事は増えている?

ツアーナースは実際には仕事が増えています。

これは、危機管理、リスク管理を徹底する中で必要性が増えているのと、高齢者が増えているのが理由として挙がってきます。どういったことなのか説明します。

スポーツの大会やキャンプなどに常に看護師が・・・

最近では何かイベントがあるごとに、危機管理がしっかりできているかを見られます。

その1つに体調不良や怪我があった時に、適切な処置が出来る体制にしておくことが求められています。

よって、必然的にツアーナースの需要は高まっていると言えます。

高齢者対象のツアーが増加している

高齢社会が進むにつれて、高齢者の旅行などが増えてきています。その時に問題となってくるのが、健康面の管理ですよね。

つまり、ツアーナースの出番なのです。旅行代理店でツアーナースを正社員として採用する動きも出てきているくらい、需要が高まっています。

ツアーナースの仕事を案内してもらいやすいスキルを

ツアーナースになりたい、と思っている看護師は、まずはツアーナースに最適なスキルを磨くことが大切です。

どういったスキルかというと、技術面などでは、外科的な処置や薬の管理などですね。

一般外科や整形外科、慢性的な内科疾患などの経験があると、役立つでしょう。救急外来なども経験していると良いですね。

そして、コミュニケーション能力や臨機応変に対応できる能力なども重要になってきます。病院とは違い、看護師は1人しかいません。

健康面や安全面に関しては、自分が指示を出していく必要があります。そして、最も大切なのは、ツアーを成功させることです。

皆が楽しいツアーになるような雰囲気作りを心がけることが大切ですね。

このページの先頭へ